1月22日(木)音楽葬Live Report Making編 (By Kanchiさん)

遠くから聞こえてくる雨の音で見が覚めた。
ブラインドを開けると、低い灰色の空が広がっている。
その中にいく筋もの透明なラインが走っていく。
まるで・・・空が泣いているようだ。ぼんやりと外を見つめていると、ふいに「水色の世界」のメロディが流れてくる。
成程、マークを送るのに相応しい日なのかもしれない。



〜PM:12:30〜
平日の昼間とあって、雨の原宿はさすがに人通りが少ないけど、かえって街の景観と合っている気がする。

[IMG_0604+]

ラドンナに到着すると、今回の発起人-マークが所属していたフォーリーフクローバーの代表でもあるミュージシャンの太田さんとマークワールドの管理人の薩摩さんが既に到着していた。
早速楽器類や、今日の音楽葬で使う様々な小物類などを中に搬入。
[b6d7f8bd...+]

いつもの照明を落としたレストラン・ラドンナの様相はなく、外のブルーグレイの世界と相反して妙にオレンジの灯りが眩しくて、そして妙に優しかった。

去年の7月にここに来た時は入った瞬間にマークの姿があって、こちらを振り向き、「あ!来た〜!」と満面の笑みで迎えてくれたっけ。あれからまだ半年しか経っていないのに。
[1d3551bc...+]

マークがいないことがまるで嘘のように・・・着々と準備が始まった。
ステージではセッティングが始まり、客席では本日献花のために置く遺影の用意。
[447576cc...+]

薩摩さんは本日流すスライドの確認を開始。パソコン前でひたすら集中!
[5ccb4682...+]

すでに来ていたバンドメンバー(杉原さんEG、小山さんBass、西川さんDr)も各々楽器のチェックを開始。弦の張り替えから始まり、今日のざっくりした進行から遺影の花飾りまであちこちに太田さんの指示が飛ぶ。
ご本人も常日頃から自分で回遊魚だと仰っているがまさしく・・・(笑)少しもじっとしてない。
[2d2c1173...+]
セットリストを見ながら、曲の内容や担当するミュージシャンの入り

FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2